FCマネジメント

FirstClass

使い方ツアー

クライアントソフトウェア

デスクトップ

デスクトップアイコンデスクトップ

FirstClass にログインしたときの最初の画面です。
ツールバー、エクスプローラ表示、アイコン表示などで、見やすさと使いやすさを追求したデスクトップです。

デスクトップ画面

アクティブなツールバー

現在アクティブになっているアプリケーションの内容に合ったボタンが表示されま す。各アプリケーションに搭載されている機能をすぐに把握することができます。 [戻る]ボタンと[進む]ボタンによって、直前に利用した画面へ簡単に移動すること ができます。アプリケーションツールバーにあるヘルプアイコンをクリックした時 に表示されるヘルプも、常に状況に合わせて、現在利用中のアプリケーションに関す るヘルプが表示されます。
それぞれのアプリケーションごとにツールバーのカスタマイズが可能です。

デスクトップの標準アイテム

メールや会議室など、よく使う機能はあらかじめデスクトップに表示 されています。
使わない機能は非表示にすることも可能です。
未読アイテムがある場合は、その数が表示されます。

エイリアス

デスクトップに会議室や共有カレンダーなどのエイリアス(ショートカット)を作成することができます。
よくチェックする会議室が深い階層にあったとしても、これですぐにアクセスすることが可能です。

専用アイコン表示・サムネイル表示

Word、Excel、PowerPoint、PDFファイルは自動的に専用アイコンで表示、JPG、PNG、GIF、BMPファイルはサムネイル表示されます。

ナビゲー ションペイン

エクスプローラ表示による、高い 視認性・操作性を持つナビゲー ションペイン。目的のアイテム が深い階層にあっても、たくさんのウィンドウを開く必要はあり ません。

表示切替

1クリックでナビゲーションペインの表示/非表示を選択できます。

要約バー

要約バー

ツールバーの下に表示される要約バーでは、以下の情報が表示されます。 

  • 開いているコンテナの名前。
  • ファイル数やフォルダ数など、コンテナの内容の要約。
  • サーバ名およびユーザ名。
  • サーバ上で割り当てられているディスク容量と空き容量の割合。
  • そのコンテナを開いている他のユーザ。 
  • そのコンテナ内でユーザが持っている 権限 。
  • 自分のプライマリメールアドレス(メールボックスを開いている場合)。

Web ブラウザからのアクセス

クライアントソフトウェアをインストールできない環境でも、WebブラウザからアクセスすることによってFirstClassを利用できます。
WebクライアントはAjax (エイジャックス:Asynchronous JavaScript + XML)を利用しているのでアイコン情報などの再読み込みを行わず、Webブラウザによる軽快な操作を可能にしています。
また、ドラッグ&ドロップや右クリックによるコンテキストメニューの表示が可能で、快適に操作することができます。
インタフェースは、クラシック・拡張・モバイル・スクリーンリーダの四種類が選択できます。

FirstClassインタフェースの特長

・一般的なインターフェースで、 FirstClassの持つ高度な機能が簡単に操作できます。
・今の時代に合わせた「最先端」のグラフィカルユーザインタフェース。
・ユーザインタフェースに備わっている複数の表示モードが1つに統合され、さまざまなカスタマイズが可能。
・エンドユーザが利用するインタフェースの外観をシステム管理者が細かく設定できます。

ページ先頭へ